MURK DWELLERS

ろぺすの洋楽でスカル的な非日常的音楽事情.... って何のこっちゃ?ヾ(ーー )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-10-31 [ Mon ]


フィンランド産正統派メタル・バンド MACHINE MEN による2ndアルバム。

デビューアルバム「Scars & Wounds」におけるその堂々たる風格と存在感に多大なる期待とエールを送ったのもついこの間のこと。遅ればせながら2ndアルバムがやっと我が耳に入った次第でして.....。
さすがに期待を裏切らない、より強固な安定感を構築したアルバムを引っさげてきたもんだね♪
でも....優等生すぎない?このアルバム.....( ・_・)ん?
前作でのただのメイデン似では表すことが出来ないエクストリ-ムでエッヂの効いたインパクトのある若さが希薄になったというか。楽曲がすごく良いものばかりだからアルバム的にはそれなりの評価が出来るけど、それがなければこじんまりとした精進料理風味のさっぱり味に落ち着いてしまったのでは?( ̄~ ̄;) ウーン
悪くないよ!いいアルバムだよ!でも..........

ヴォーカル AntonyBruce Dickinson により近づいている。これが彼らの進化?!
まぢで似すぎだどっ! Antony!

B000AAVFUEElegies
Machine Men
Century Media 2005-08-15

by G-Tools
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://murkdwellers.blog14.fc2.com/tb.php/56-069d7e3a

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

PROFILE

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。