MURK DWELLERS

ろぺすの洋楽でスカル的な非日常的音楽事情.... って何のこっちゃ?ヾ(ーー )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-11 [ Mon ]
B000G03SFSVフォー・ヴェンデッタ
アンディ・ウォシャウスキー ラリー・ウォシャウスキー ジェームズ・マクティーグ
ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-09-08

by G-Tools

独裁国家となった未来のイギリス。

TV局で働くイヴィー(ナタリー・ポートマン)は外出禁止時間帯の夜に秘密警察に見つかり、絶体絶命の危機に見舞われたところを、"V"とだけ名乗る仮面の男(ヒューゴ・ウィービング)に命を救われる。
しかし、"V"と名乗るその男は、国家を相手にひとりテロ活動を続け、クラシック音楽の調べにあわせて街を爆破、TV局を不法占拠し、政府要人を暗殺していく、正体不明、経歴不詳、善か悪かの判別不能の男だった。
1605年に国王の圧制に反発し国家転覆を図り失敗に終わったガイ・フォークスにならって、イギリスの反逆精神の象徴となったその日、11月5日-ガイ・フォークス・デイ-に、国民の決起を呼びかける"V"。
正義か、犯罪か。"V"とは一体何者なのか?

"V"と出会い、自分自身についての真実をも知るようになったイヴィーは、図らずも"V"の協力者となり、自由と正義を取り戻す革命のために立ち上がったー
(Amazonco.jpより)


もっと政治色の強い小難しい作品なのかと思いきや、起承転結が実に分かりやすい作品。「マトリックス3部作の........」みたいな前文句に期待し結構酷評が多い作品みたいだけど、σ( ̄▽ ̄)はなかなかオモロく拝見させていただきやしたよ(^ー^* ) フフフフ
たしかにマトリックスを引き合いに出すにはアクションやらが陳腐すぎるのかもしれないけど、カメラワークなんかは絶妙だし、小粋な演出具合が、酷評を与えられるほど悪い作品とは思わないんだけど。

その昔、騒乱を煽動しかねないとの危惧を抱かれアメリカのラジオ局に放送禁止された「The Rolling Stones / Street Fighting Man」がエンドロールで流れるあたりは、( ̄ー ̄)ニヤリとさせられたね。
いい選曲だ( ̄ー ̄)(ー_ー)( ̄ー ̄)(ー_-)ういうい♪

観終わったあとで分かったこと!
「V」って「ヒューゴ・ウィービング」が演じてたんだね!!Σ( ̄口 ̄;;
知らなかった( ̄~ ̄;) ウーン
だって終始マスクを外さないんだものヾ(>▽<)ゞブッハハハッヾ( >▽)ノ彡☆ばんばん!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://murkdwellers.blog14.fc2.com/tb.php/143-4b2fae76

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

PROFILE

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。