MURK DWELLERS

ろぺすの洋楽でスカル的な非日常的音楽事情.... って何のこっちゃ?ヾ(ーー )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-08-08 [ Tue ]
B000FJA9D4PROMISE <無極>
チェン・カイコー 真田広之 チャン・ドンゴン
ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-08-04

by G-Tools

それは、アジアのどこか“未来における3000年前”から現代へ届けられた「約束」。生きるものすべての運命を照らし出す“無極”を垣間見、その運命に挑戦した3人の物語―。
この世の寵愛を一身に受けながらも運命により真実の愛を得られない王妃・傾城。天から俊足を与えられ、それ以外は望むことを知らず奴隷として生きて来た男・昆倫。この世でただひとり伝説の花の甲冑を身に纏うことを許された大将軍・光明。そして彼らの前に立ちふさがるのは、伝説の甲冑も王妃の愛も、求めるものは何ひとつ与えられなかった北の公爵・無歓。それぞれに与えられた約束は、決して変えることのできない運命のはずだった。しかし、それぞれの心が動き、それぞれの約束が絡み合ったとき、世界は全く違った展開を見せ始める―。(Amazon.co.jpより)


今回の着目点はそれぞれの運命を背負った彼らが、どのように絡み終演を迎えるか?ということ。
多少突っ込みトコロはあったにしても、終わり方としてはまあまずまずってとこかな?
(それぞれの人物がそれぞれに何をしたかったのかが不明なんだけどね........やっぱ3人の男が「傾城」の愛を手に入れたかったということなんだろか?)
しかしこの作品が何を訴えたかったのかは、観終わった後でもイマイチ不明( ̄~ ̄;) ウーン
「運命とは自分で変えられるものなんですよぉ~!」ってことでいいのかな(^・ω・^).....ンニュニュ?

この作品はまさにファンタジーなんだよねぇ~!
色使いの絶妙さがかなりのファンタジーさを醸し出している。ほんとキレイ♪
でもCGはいま一歩って感じ。
開始早々走りまくる「チャン・ドンゴン」のスピード感の無さ( ̄~ ̄;)
取って付けたような背景とのギャップ( ̄~ ̄;)
終始走りまくってるんだから(笑)、もうちょっと力を入れてもよかったんぢゃないのぉ~?
ただワイヤーアクションは絶品だよね~やっぱ
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

最後に一言。
「無極」って何?(・-・)・・・ん?
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://murkdwellers.blog14.fc2.com/tb.php/135-d476ff83

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

PROFILE

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。