MURK DWELLERS

ろぺすの洋楽でスカル的な非日常的音楽事情.... って何のこっちゃ?ヾ(ーー )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-04 [ Mon ]
B000ENUYRWロード・オブ・ウォー
アンドリュー・ニコル ニコラス・ケイジ イーサン・ホーク
日活 2006-06-09

by G-Tools

ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれ、少年時代に家族とともにアメリカに渡ったユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、ニューヨークにレストランを開いた両親を手伝っていた。ところがある時、ギャング同士の銃撃戦を目撃し、今の世の中では、食事を提供するレストランと同じように武器を供給する仕事が求められているのだと気づく。そして、弟のヴィタリーを誘い、2人で武器売買の事業に手を染める。日々弾丸が飛び交い、火薬が炸裂する裏社会で天性の才覚を発揮し、世界有数の武器商人へと成長していくユーリー。やがてギャングやテロ組織ばかりでなく、国家さえクライアントにし、成功の絶頂にまで上り詰めるのだが、そこには執拗につきまとう、インターポールのバレンタイン刑事(イーサン・ホーク)の姿があった…。
(Amazon.co.jpより)


武器商人を題材にしながらも、残虐性が全く皆無といっていいほどの作りが気に入った!
ニコラス・ケイジの非攻撃的な野暮ったい主人公ぶりがイイ!
その作風が現状の武器に対する社会情勢を考えさせるようになっているのかなぁ~?

最後のテロップに世界の武器市場を握っている5大国の名前が出てきたけど....
あれってまずくないのかな??( ̄▽ ̄;A
ずいぶん皮肉たっぷりに乗せられてたけど......( ̄▽ ̄;A
スポンサーサイト

 | HOME | 

2006-09

PROFILE

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。