MURK DWELLERS

ろぺすの洋楽でスカル的な非日常的音楽事情.... って何のこっちゃ?ヾ(ーー )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-24 [ Mon ]
B000F1HGVUPitch Black Progress
Scar Symmetry
Nuclear Blast 2006-04-24

by G-Tools

スウェーデン産メロディック・エクストリーム・デスメタルバンド SCAR SYMMETRY の 2nd アルバム。

Christian Alvestam (vo)のデス&クリアヴォイスの絶妙なスイッチングに度肝を抜かれ、艶やかで叙情的なメロディーと驚愕するほどにキャッチーなフレーズに完全に魂を抜かれ、昨年度トップ1の座を選ばせしめた 1stアルバムから実に速いスパンでの2nd発売となった訳だが、今回も文句のつけようが無い極上のアルバムを引っさげてきたでよ!このバンド!!

他に類を見ないほどのキャッチーでメロディアスなクリーンパートを、前作以上(三割増?!)に多用し、SCAR SYMMETRY としての独自路線を更に進化させた形で表現してくるあたりは、もはや脱帽と言わざるをえない状況だやねぇ~。
これに Jonas Kjellgren (g) & Per Nilsson (g) の超絶テクニカルコンビが弾きまくりの泣きまくりで弦技を炸裂させてくるもんだから、もう流れ落ちる涙を止める術が無いってもんよ!(ノ_<。)うっうっうっ

オープニング・チューン「The Illusionist」のかっちょよさもさることながら、#8「The Kaleidoscopic God」から始まり、 #9「Retaliator」~ #10 「Oscillation Point」までのメロディアス風味満載のアグレッシヴ&叙情サウンドの流れがすんげぇ~魅力的♪
#11「The Path Of Least Resistance」~ #12「Carved In Stone」~ #13「Deviate From The Form」の今作上位の佳曲群でアルバム終演を迎えるころには、ほぼ放心状態だやね。

しかしこの#12、#13!ボーナストラックとは思えないくらいにいい出来だど!!
ホントかっちょええアルバムってこうゆうのを指すんだろうなぁ~。
スポンサーサイト

 | HOME | 

2006-04

PROFILE

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。