MURK DWELLERS

ろぺすの洋楽でスカル的な非日常的音楽事情.... って何のこっちゃ?ヾ(ーー )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-18 [ Tue ]
B000ELL7K2Monday Morning
Evergrey
Inside Out U.S. 2006-04-04

by G-Tools

スウェーデン産ドラマティック・パワーメタルバンド EVERGREY の 6thアルバム。

EVERGREY と言えば、「陰気臭い」「鬱」「湿っぽい」のフィーリングをプログレ&ネオ・クラシカルなフレーズで包み込んだ、独特な雰囲気を醸し出すステキなバンドだったんだけど、今回は随分とさっぱりとしたパワーメタルに落ち着かせたもんだね~って感じ。
良く言えば、すんごく聴きやすい(笑)
悪く言えば、面白みがない(爆)

こんなのは EVERGREY じゃないやんけ!!といつもなら怒りまくってるところなんだけど、「これはこれでエエやん♪」と今回は妙に納得して聴きまくってるかなぁ~(笑)
っていうか、悪くないしこのアルバム。
っていうか、結構好きな部類だし、こんな雰囲気が♪

Tom S. Englund (vo,g) & Henrik Danhage (g) のネオ・クラシカルでパワフルでエモーショナルなギターの悶絶ぶりは健在!これは実に嬉しいところ。しかしパワフルになった分、前作で絶妙な味付け具合を披露した Rikard Zander(Key)の鍵技が多少薄まっちゃった?と感じるのは残念なところかな。

今回も EVERGREY は日本盤での発売は無し??
結構日本でも認知度がアップしてるとは思うんだけどな~?
今回は日本ウケしそうだし......
スポンサーサイト

 | HOME | 

2006-04

PROFILE

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。