MURK DWELLERS

ろぺすの洋楽でスカル的な非日常的音楽事情.... って何のこっちゃ?ヾ(ーー )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-01-17 [ Tue ]
B000BIUDUIハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ
ロバート・デ・ニーロ ジョン・ポルソン ダコタ・ファニング
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-01-07

by G-Tools


9歳のエミリーは母の自殺をきっかけに心を閉ざしてしまった。父親のデビットは娘の心の傷を癒そうとNY郊外に引っ越すが、娘は架空の友達“チャーリー”と遊ぶようになった。そのときから飼い猫が殺されたり、バスルームに残酷な落書きがあったりと異変が次々と起こる。すべてチャーリーの仕業なのか…。(Amazon.co.jpより)

チャーリーって誰?
ホントに架空の人物なん?
どこに隠れてんの??
(@_@?)(?@_@)(@_@?)(?@_@)(@_@?)
保安官も怪しいし、不動産屋も怪しいし、となりのオヤジも怪しいし(^・ω・^).....ンニュニュ?
ドキドキo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワクワク
ってな感じでの謎解きが強烈なスリルを満喫させてくれる予定だったんだけど....
ストーリー的には中盤でチャーリーの正体が分かり、結構あっけない幕切れに愕然とさせられたのは否めないところかなぁ~( ̄▽ ̄;A 残念
でもたまたま部屋を暗くして観てたせいもあり、ほどほどのドキドキ感は味わえたかも。
ロバート・デ・ニーロ&ダコタ・ファニング二人の名演技がスリラーとしての作品の品質を上げていると言っても過言ではないかな?
ダコタ・ファニングのアレ系の演技はホント天下一品だやね♪

最後にエミリー(ダコタ)が書き残した絵のシーン....
(ネタバレになるから言わない∵ゞ(≧ε≦#o)プッ)
アレを元に続編を作るんだったら観るかも。
スポンサーサイト

 | HOME | 

2006-01

PROFILE

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。