MURK DWELLERS

ろぺすの洋楽でスカル的な非日常的音楽事情.... って何のこっちゃ?ヾ(ーー )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-01-16 [ Mon ]
B000BTCN6Eテイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版
アンジェリーナ・ジョリー D.J.カルーソ イーサン・ホーク
ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-11-18

by G-Tools

同僚から紹介されたこの作品。
「ろぺすさんテイキングライブス見たことあります?」
「無い...( ̄▽ ̄;A」
「ろぺすさん的には( ̄-  ̄ ) ンーかも知れませんが....」
「まあ見てみるわ。」

ってな感じでエラそうに言ってはみたものの....

「これはないやろv(ー_ー)チッチッチッ」ってな感じで展開していくストーリーの中、だんだんに見入ってるわけですよ。酷評したいところなんですができないんですよ。だって作品の思惑通りダマされましたもん(汗

「コイツが犯人やん( ̄ー ̄)ゞ フフッ」
「えっ!?ちゃうのかい(◎_◎) ン?」
「やっぱそうなんやん( ̄~ ̄;) ウーン」
「えーっ!でも!?」
みたいな....

恥ずかしい話し、ダマされてる・惑わされてる時点でハマってる&負けてるってことです。
っていうか結構面白く見させていただきやした(〃∇〃) てれっ☆

気になることがひとつ....
最後にイリアナ(アンジェリーナ)が「終わりました」と電話報告したシーン....
ってことはさ?来ることは知ってたってこと?
FBIを解雇された事実自体が犯人をダマすため?
最初から犯人をハメるつもりで犯人を好きになった振りをしてたってこと?
( ̄~ ̄;) ウーンわからん??
スポンサーサイト

 | HOME | 

2006-01

PROFILE

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。