MURK DWELLERS

ろぺすの洋楽でスカル的な非日常的音楽事情.... って何のこっちゃ?ヾ(ーー )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-01-31 [ Tue ]
B000BVMD2Q戦国自衛隊1549 通常版
江口洋介 福井晴敏 手塚昌明
角川エンタテインメント 2005-12-22

by G-Tools

洋画しか見ないσ( ̄▽ ̄)は邦画というものにあまり興味がないんですよ。
それはあんまりおもろい映画に日本では巡り会えないから。

そんなσ( ̄▽ ̄)がひっさびさに邦画に手を出したわけですよ!
それも制作費15億!?(日本にしては多いやん!)ってなフリに惑わされて。
プチ期待してるわけですよ。それなのに・・・・・

・・・( ̄  ̄;) うーん
考えれば考えるほど辛口になりそうだから、あまり語りたくない( ̄▽ ̄;A

ただ一言だけ言わしちくりっ!!!
「タイムスリップするときに電子機器が止まるかも知れない!」
なぁ~んて感じでえぐっつぁんが賭けに出てたけど....
7秒前なんて中途半端な時間とはいえ、あの変な物体が無事止まったんだったら・・・・・

ヘリも落ちるんじゃあねえのけっ!?

( ̄△ ̄;)ムッ!( ̄ ̄;)ムカッ!

もう邦画にはダマされねぇー!
まったく「デビルマン」だの「キャシャーン」だの....ブツブツブツ

スポンサーサイト
2006-01-30 [ Mon ]
B000B4NF9Iホステージ
ブルース・ウィリス ロバート・クレイス フローラン=エミリオ・シリ
松竹 2005-11-26

by G-Tools

とある豪邸に押し入った強盗たちが家族を人質に立てこもった。だがこの豪邸の主が悪の組織に関わっていたからサア大変。かつて敏腕交渉人として活躍してきたジェフ・タリーは、その組織に自分の家族を人質にとられて、代わりに協力を依頼されることに……。(Amazon.co.jpより)

今回はネタバレしながらのご感想ごめりんこ( ̄▽ ̄;A

Amazonレビューを見る限りはめちゃんこおもしろそうなんだけど、何だか釈然としないまま終わってしまったかな.....
物語のコンセプトとしてはかなりイケてるんだけど、話しがアチコチ飛んで何の繋がりもないまま。
ブルース・ウィリス主演のワリには何一つかっちょよく解決してるわけじゃないし(人質のガキがダイハードばりに配管を通って活躍するわけで.....)。タリー(B・ウィリス)の家族を誘拐した謎の組織もDVDを入手するよう脅迫したまではよかったけど、その後覆面でノコノコ登場しあっけなくやられちゃうし。押し入った強盗の一人がかなりのサイコぶりを発揮しそうな雰囲気だったんだけど中途半端だったし。

何が気に入らないって、秘密データが隠されているDVD!
タリー(B・ウィリス)から指示を受けた人質のガキが「Heaven Can Wait(天国は待ってくれる)」を探しに行くんだけど、「Heaven Can Wait(天国から来たチャンピオン)」と一瞬迷う。
ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク
そこまではいいんだけど、二つとも持ってくるんだよなぁ~(ー’`ー;) ウーン
なんで二つ持ってくるんぢゃい!間違えて持ってくるから面白いぢゃろーがっ!
あ~もう台無し(# ̄З ̄)ぶつぶつ

ブレイド3に続きかなり辛口になってしまったけど、それだけ期待してたってことで....( ̄▽ ̄;A
面白く拝見した方には申し訳ありませぬが、それだけ期待してたってことで....( ̄▽ ̄;A
2006-01-27 [ Fri ]
B000CIXK6Qロケット・ライド(初回限定盤)
エドガイ
マーキー・インコーポレイティドビクター 2006-01-21

by G-Tools

ドイツ産ピュア・ヘヴィメタル・バンド EDGUY の7thアルバム。

前作「Hellfire Club」をリリースし、その完成度からメタルバンドとしての確固たる地位を築き上げた?彼らが本作にて披露するその音源とはっ!?

( ̄- ̄ )フンフン♪(  ̄- ̄)フムフム♪

なんともまた(  ̄O ̄)ホー
実に分かりやすいピュアな作品を繰り出してきたものでやんすなぁ~!
前作からみて、進化というよりは品質の向上というべきか?80年代のメタルを追求したって感じ。
全曲品質の高い楽曲が並べられて、全曲ピュアの真髄で、全曲売れそうなメロディーで、実に卒が無くウマくまとめられてるねぇ。
飛び抜けたリフや奇抜な楽曲がない分、逆に褒めようがないんだけど....( ̄▽ ̄;A
でも彼らはこれでいいんですよ!
これからもピュアメタルを追求していきなはれっ!
正直めっさかっちょいいし♪

でも初回限定DVDに納められている「Superheroes」のPV。
あれはないやろ!しょうもなっ!!!
あそこまで80年代にしていく必要がないような気が....
(昔のメタルPVにはオネエたまが付き物だったけど)
いまどきバニーガールのおネエたまがいっぱい出てきてもねぇ.....( ̄~ ̄;) ウーン
網タイツに目は引かれたけど....(〃∇〃)ゞ テレテレ
2006-01-26 [ Thu ]
B000091KWYインヒューマニティー
モルス・プリンシピアム・エスト
マーキー・インコーポレイティドビクター 2003-05-21

by G-Tools


2ndアルバムが2005年のベスト5に選出したほどのFavorite Bandになってしまったフィンランド産テクニカル・メロデスバンド MORS PRINCIPIUM EST 2003年発売のデビューアルバム。

これがまたエエ感じを醸し出してるわけです!
SOILWORKの 硬質な雰囲気に、CHILDREN OF BODOM の悶絶ギターが絡み合う...そんな感じなわけです!
そんでもってそれが各々秀でる事無く絶妙なバランスで繰り広げられるもんだから、
「この計算されつくしたような緻密性のあるアルバムがデビューもんなのけ?!」
と驚かずにはいられないわけですよ!
頭から尻尾まで「サラリ」と、そんで「じっくり」と味わえます。(どっちなん?汗)
それぞれの楽曲が同一の出来栄えなため、「この曲はかっちょええ!」みたいな飛び抜けガッツポーズ的楽曲がないのが、ちと残念なところ。
でもそれって贅沢な悩みだよね(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

ちなみにコレ↓が2ndアルバム。
ジ・アンボーンジ・アンボーン
モルス・プリンシピアム・エスト

by G-Tools


PS.
今日は EDGUY のNEWアルバムを聴くんだぁ~♪ウキウキ♪o(^-^o)(o^-^)oワクワク♪
2006-01-25 [ Wed ]
4063724948蒼天航路 36 (36)
李 學仁 王 欣太
講談社 2006-01-23

by G-Tools


もともと三国志好きのσ( ̄▽ ̄)が、『天が愛した男・曹操孟徳。衝撃のネオ三国志』というキャッチコピーに一目惚れし、1994年の連載開始から敬愛し続けたこの作品も、36巻にて遂に完結を迎えたわけですよ。

何が面白いって、世の中の三国志が羅貫中の著した「三国志演義」の如く、劉備は「善」、曹操は「悪」とする勧善懲悪なもので広まっている中、正史「三国志」をもとに話しが展開していくんですから。

正史「三国志」の著者・陳寿に「破格の人」と言わしめた、尋常では計れない破天荒な曹操が主人公なんですから。

演義にて「勤勉で慎み深く、親孝行で品行方正」なイメージを植え付けられた劉備玄徳が、史実にある通り流浪を繰り返し主君や同盟者を変えていくダメキャラで描かれているんですから。

有名な諸葛亮孔明も「魏志曹操伝に諸葛亮の文字は1つも無い」という事実の通り、大した活躍もせず、逆に風変わりで淫靡な人物として描かれているんですから。

いやぁ~実に面白い作品だった(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

三国志を知らない人には(^・ω・^).....ンニュニュ?な話しかもしれませんが、σ( ̄▽ ̄)にはこういった趣味があるという紹介と敬愛し続けた作品の紹介を兼ねて、記事にしてみました。

興味のある方は是非読んでみて下さい。

4063724816蒼天航路 35 (35)
李 學仁 王 欣太
講談社 2006-01-23

by G-Tools


最後は35・36巻の同時発売!
それも1/23は旧暦で曹操孟徳の命日らしい??

ってこれも三国志を知らない人には(^・ω・^).....ンニュニュ?な話しだな....
( ̄~ ̄;) ウーン
2006-01-20 [ Fri ]
B000AU1Q0Sブレイド3 アンレイテッド・コレクターズ・エディション
ウェズリー・スナイプス デヴィッド・S・ゴイヤー クリス・クリストファーソン
ポニーキャニオン 2005-12-22

by G-Tools


ヴァンパイア・ハンターのブレイドは、ヴァンパイアと謝って人間を殺したことからFBIに捕らえられてしまう。そんなブレイドを助け出したのは、人間のヴァンパイア・ハンター・チーム“ナイトウォーカー”だった。その面々から、ブレイドはヴァンパイアたちがすべての吸血鬼の始祖で“ドラキュラ”とも呼ばれるドレイクを復活させたことを知る。(Amazon.co.jpより)

ブレイドはやられちゃったり、捕まったりしちゃいけないんですよ!
スマートにキメなきゃいけないんですよ!
無敵のヒーローじゃなきゃならないんですよ!
なのに.....やっちゃった( ̄~ ̄;) ウーン

シリーズ1のあまりのかっちょよさに一発で惚れ込んだブレイド。
シリーズ2で(ー’`ー;)ん!?ってなり、今作トリニティーであきらめました( ̄~ ̄;) ウーン
シリーズ1みたいなCGバリバリのハードアクションがかなり希薄で地味に!
そんでブレイド自体の動きもかなり地味に!
1・2・3と結局は下降線を辿ることになっちゃったかな.....
ちょっと期待してたのに(ノ_<。)うっうっうっ

「ついにシリーズ完結!これが最後の戦い。」
それでいいんです。これで完結しちゃえばいいんです!
これ以上酷評を浴びる必要はないんですから......。

お口直しにシリーズ1を借りてこようかなぁ~?

エンドロール後のワンカット。
(別にエンドロール後にする必要もない気が...)
ブレイドはどこにいくんだろ?
日本に渡ってラッツ・アンド・スターの再結成?!
....ってまさかね∵ゞ(≧ε≦#o)プッ

今回は何時に無く酷評のσ( ̄▽ ̄)でした。

2006-01-19 [ Thu ]
B000BPK5L8トリプルX ネクスト・レベル コレクターズ・エディション
アイス・キューブ リー・タマホリ サミュエル・L・ジャクソン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-12-16

by G-Tools

前作で活躍していたシークレット・エージェント“トリプルX”が亡くなり、国家安全保障局のギボンヌは、かつて自分の部下でもあり、現在は刑務所にいるストーンを新しくエージェントとして起用。やがてストーンは国家転覆を狙う国防長官デッカートと対決していくことに……。(Amazon.co.jpより)

前作のヴィン・ディーゼル主演作品は面白かった~♪
となれば次回作も期待するのが世の常....
でも次回作はコケるってのもジンクス....

バイク・アクション有りぃ~の、カー・アクション有りぃ~の、スカイダイビンク有りぃ~の、スノボ有りぃ~の、ヴィン・ディーゼルが織り成すハードアクションに対して、アイス・キューブがカーアクションしながらドンパチしまくりぃ~の......でも
何だか地味ぃ~( ̄~ ̄;) ウーン
車の吹っ飛び具合も申し分ないし、今回なんて戦車まで投入されてるんだけど
何だか地味ぃ~( ̄~ ̄;) ウーン
派手さがないからかな?
前作ではσ( ̄▽ ̄)が好きなエクストリーム系ミュージックがバックでガンガン流れてたのに対し、今回はラップ重視。
主人公やそれを取り巻くメンバーがブラック系ってのもあるんだろうけど、バックミュージックでかっちょよさが半減してしまうってのもあるかも?

やっぱコッチがいいな!
B00006JMP6トリプルX
ヴィン・ディーゼル アーシア・アルジェント サミュエル・L・ジャクソン
ポニーキャニオン 2003-03-19

by G-Tools


最後3作目をほのめかすようなシーンがあったけど.....アリ?
2006-01-17 [ Tue ]
B000BIUDUIハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ
ロバート・デ・ニーロ ジョン・ポルソン ダコタ・ファニング
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-01-07

by G-Tools


9歳のエミリーは母の自殺をきっかけに心を閉ざしてしまった。父親のデビットは娘の心の傷を癒そうとNY郊外に引っ越すが、娘は架空の友達“チャーリー”と遊ぶようになった。そのときから飼い猫が殺されたり、バスルームに残酷な落書きがあったりと異変が次々と起こる。すべてチャーリーの仕業なのか…。(Amazon.co.jpより)

チャーリーって誰?
ホントに架空の人物なん?
どこに隠れてんの??
(@_@?)(?@_@)(@_@?)(?@_@)(@_@?)
保安官も怪しいし、不動産屋も怪しいし、となりのオヤジも怪しいし(^・ω・^).....ンニュニュ?
ドキドキo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワクワク
ってな感じでの謎解きが強烈なスリルを満喫させてくれる予定だったんだけど....
ストーリー的には中盤でチャーリーの正体が分かり、結構あっけない幕切れに愕然とさせられたのは否めないところかなぁ~( ̄▽ ̄;A 残念
でもたまたま部屋を暗くして観てたせいもあり、ほどほどのドキドキ感は味わえたかも。
ロバート・デ・ニーロ&ダコタ・ファニング二人の名演技がスリラーとしての作品の品質を上げていると言っても過言ではないかな?
ダコタ・ファニングのアレ系の演技はホント天下一品だやね♪

最後にエミリー(ダコタ)が書き残した絵のシーン....
(ネタバレになるから言わない∵ゞ(≧ε≦#o)プッ)
アレを元に続編を作るんだったら観るかも。
2006-01-16 [ Mon ]
B000BTCN6Eテイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版
アンジェリーナ・ジョリー D.J.カルーソ イーサン・ホーク
ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-11-18

by G-Tools

同僚から紹介されたこの作品。
「ろぺすさんテイキングライブス見たことあります?」
「無い...( ̄▽ ̄;A」
「ろぺすさん的には( ̄-  ̄ ) ンーかも知れませんが....」
「まあ見てみるわ。」

ってな感じでエラそうに言ってはみたものの....

「これはないやろv(ー_ー)チッチッチッ」ってな感じで展開していくストーリーの中、だんだんに見入ってるわけですよ。酷評したいところなんですができないんですよ。だって作品の思惑通りダマされましたもん(汗

「コイツが犯人やん( ̄ー ̄)ゞ フフッ」
「えっ!?ちゃうのかい(◎_◎) ン?」
「やっぱそうなんやん( ̄~ ̄;) ウーン」
「えーっ!でも!?」
みたいな....

恥ずかしい話し、ダマされてる・惑わされてる時点でハマってる&負けてるってことです。
っていうか結構面白く見させていただきやした(〃∇〃) てれっ☆

気になることがひとつ....
最後にイリアナ(アンジェリーナ)が「終わりました」と電話報告したシーン....
ってことはさ?来ることは知ってたってこと?
FBIを解雇された事実自体が犯人をダマすため?
最初から犯人をハメるつもりで犯人を好きになった振りをしてたってこと?
( ̄~ ̄;) ウーンわからん??
2006-01-10 [ Tue ]
B000BX4CPAインヒューマン・ランペイジ
ドラゴンフォース
ビクターエンタテインメント 2005-12-28

by G-Tools

英国産メロディック・スピードメタル・バンド DRAGONFORCE の 3rd アルバム。
やっぱ彼らといえば光速チューン!
とにかく光速!何が何でも光速!狂おしいほどに光速!(爆)
そしてその暴走具合といったら「Inhuman Rampage」とそのアルバム名の通り。

正直なところ、スピードメタルはそんなには得意ではないんですよσ( ̄▽ ̄)ってヤツは...
まして頭から爪先まで光速となれば.....

しかし一見速度重視のワンパターンと思いきや、楽曲中にさり気なく魅せる旨くコントロールされた味わいあるチューンが、なるほど_φ( ̄ー ̄ )メモメモ と感心させられたりして。
ちょっと見直しちゃったかな?悔しいけど:・(`▽´)・: ケケケ
2006-01-08 [ Sun ]
B0009MUDV0ザ・インタープリター
ニコール・キッドマン シドニー・ポラック ショーン・ペン
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2005-09-23

by G-Tools


ニコール・キッドマン、ショーン・ペンという2大実力スターが共演した社会派サスペンス。ニコールが演じるシルヴィアは、国連に勤務する同時通訳で、アフリカのクー語(架空の言語)を担当する。そのクー語が使われる小国マトボ(こちらも架空)の大統領が国連で演説することになるのだが、シルヴィアは大統領が暗殺するという情報を聞いてしまう。シークレット・サービスのトビンがシルヴィアを護衛するが、彼女も怪しげな行動をとる。(Amazon.co.jpより)

正直最初は(^・ω・^).....ンニュニュ?って感じで内容が把握できなかったんですよ....
アホなもんで( ̄▽ ̄;)
どうも社会情勢が絡むような内容は不得意分野みたいでして....

でもあれだけ暗殺やらテロをほのめかしながらも、血を流すシーンをわずかに逆にそれを取り巻く人々の表情・描写・言葉により感情移入させるワザ?は、驚きというか流石と言わしめるなかなかの作品でしたでやんすよ。最後はドップリはまってましたもん(^▽^笑)
最初は野暮ったく見えたショーン・ペンが、最後はめっさカッコよく見えたのもそのせいなのかな?
ニャハハ (*^▽^*)
2006-01-05 [ Thu ]
B000AC2V5Aロボッツ 特別編
クリス・ウェッジ ユアン・マクレガー ハル・ベリー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-12-16

by G-Tools

小さい町の貧しい皿洗い機ロボットの息子として生まれたロドニー。やがて成人した彼は、両親の生活を助けるため、そして立派な発明家になる夢のために、偉大な発明家ビッグウェルドを訪ねて大都会ロボット・シティへと向かうことに。だがそこではビッグウェルドの代わりに大企業を牛耳ったラチェットの恐るべき陰謀が渦を巻いていた! (Amazon.co.jpより)

やっぱCGアニメ系はハズさないよなぁ~
純粋にオモろかったもん!( ̄▽ ̄)v
「お子ちゃま向け」と言われればそうなのかも知れないけど、あのオヤジロボットの心情ってのは子を持つ親にしか分からない、実に微妙な感覚なんだやねぇ~
( ̄ー ̄)(ー_ー)( ̄ー ̄)(ー_-)ういうい♪
なぁ~んて、親らしいこと言ってみたけど∵ゞ(≧ε≦#o)プッ
2006-01-04 [ Wed ]
新年明けましておめでとうございます。
大したネタはございませんが、今年もヨロシクお願いいたします。

さて正月中は去年見過ごしたDVDを観まくりやがりまくりました(^▽^ケケケ
観まくるほどは観てませんが...( ̄▽ ̄;A

B000BC8IYW宇宙戦争
トム・クルーズ H.G.ウェルズ スティーブン・スピルバーグ
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2005-11-09

by G-Tools


H・G・ウェルズが1898年に発表した小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化。世界各地で異常気象が発生するなか、港湾労働者のレイが住むアメリカ東部の街でも奇怪な雲が立ちこめ、稲光が落ちると、地底から巨大ロボットのような物体が現れる。異星人の襲来だと知ったレイは、別れた妻から預かったふたりの子どもを守りながら、必死に逃走。しかし、異星人のパワーは予想以上で、街はどんどん破壊されていく…。Amazon.co.jpより

すでに鑑賞されている方々の意見を聞くと、あまり評判がお良ろしくないような感じでしたが
σ( ̄▽ ̄)の正直な感想.....

イケてました∵ゞ(≧ε≦#o)プッ

今時タコかよ!...あれがいいんです(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
あんなに簡単にやられちゃうのかよ!
.....それでいいんです(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
「インディペンデンス・ディ」みたいなドンパチもσ( ̄▽ ̄)は嫌いではありませんが、この作品についてはこれでいいような感じがしました。
途中途中のドキドキ感もなかなかのものでしたし。

 | HOME | 

2006-01

PROFILE

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。