MURK DWELLERS

ろぺすの洋楽でスカル的な非日常的音楽事情.... って何のこっちゃ?ヾ(ーー )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-10-11 [ Tue ]
B000AADYYOGhost Reveries
Opeth

曲名リスト
1. Ghost Of Perdition
2. The Baying Of The Hounds
3. Beneath The Mire
4. Atonement
5. Reverie/Harlequin Forest
6. Hours Of Wealth
7. The Grand Conjuration
8. Isolation Years

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スウェーデン産プログレッシヴ・デス・メタルバンド OPETH のロードランナー移籍第一弾である8thアルバム。
デス、ブラックのヘヴィメタルという器に収まりきれない、ゴシック、クラシック、ジャズを融合させた Mikael Åkerfeldt(Vo,G) の独特の世界観を十二分に表現された極上の一品に仕上がっている。
暗黒情緒たっぷりの怒涛の咆哮で始まる #1「Ghost Of Perdition」が 叙情的なメロディアスハーモニーへと移り行き、またヘヴィネスな楽曲へと舞い戻る様は、微弱なるσ(⌒▽⌒;)のメタル魂を揺さ振るには有り余るほどの緊迫感と存在感を放ち続ける。全8曲中4曲が10分を超過する長い楽曲でありながらも Mikael Åkerfeldt の手腕がその長ささえ感じさせない。
究極のブルータリティを具現化しつつも、メランコリーな美しき・優しき感覚を感じさせる、醜美一体の独特なOPETHワールドへとまたもや引き込まれるぅ~。

NOCTURNAL RITESの新譜が「どうも飽きっぽい楽曲だなぁ~( ̄-  ̄ ) ンー?」と感じた理由が分かったど!
このアルバムといっしょに聴いてたからだ!
ヾ(>▽<)ゞブッハハハッヾ( >▽)ノ彡☆ばんばん!
スポンサーサイト
2005-10-11 [ Tue ]
B000AMZ1ZCグランド・イリュージョン
ノクターナル・ライツ
ビクターエンタテインメント 2005-09-28

by G-Tools

スウェーデン産メロディック・パワー・メタル・バンド NOCTURNAL RITES の 7th アルバム。

前作がσ( ̄▽ ̄)の中でいまいち盛り上がりに欠け、苦々な思いだけが残る NOCTURNAL RITES ではあるけど、今作についてはウキウキ♪o(^-^o)(o^-^)oワクワク♪な超かっちょいいアルバムなんでない?!
楽曲は前作より格段にいいもん♪ #3 「Still Alive」なんてヤバすぎるって!(嬉)
Jonny Lindqvist (Vo)の熱き歌唱具合ったら、数々のメタルヴォーカルの中でも認知がかなり希薄であったことを十分に挽回しうる出来だよん♪
今期発売のアルバム群の中でも上位に位置することに間違いは無いわ。
( ̄ー ̄)(ー_ー)( ̄ー ̄)(ー_-)ういうい♪

でもディスクが数回リピートして思うこと....
このアルバム、楽曲が飽きやすい・・・( ̄  ̄;) うーん
何でだろ?優等生すぎて面白みが無いんかな??

 | HOME | 

2005-10

PROFILE

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。