MURK DWELLERS

ろぺすの洋楽でスカル的な非日常的音楽事情.... って何のこっちゃ?ヾ(ーー )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-08-11 [ Thu ]
ドゥームズデイ・マシーン
アーク・エネミー
B0009RJEKQ
曲名リスト
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TRACK LIST
01. Enter The Machine
02. Taking Back My Soul
03. Nemesis
04. My Apocalypse
05. Carry The Cross
06. I Am Legend / Out For Blood
07. Skeleton Dance 08. Hybrids Of Steel
09. Mechanic God Creation
10. Machtkampf
11. Slaves Of Yesterday
12. Heart Of Darkness (Live in Paris 2004)*
13. Bridge Of Destiny (Live In Paris 2004)*


Amott兄弟率いるArch Enemyの6thアルバム。
ちょいと遅れての御拝聴かな?出遅れたっ!という感あり( ̄▽ ̄;
出遅れたおかげ?で世の皆々様のレビューをじっくりと拝見することができたんだけど、やっぱ賛否両論なんだね~。最高傑作!という人もいれば、(ー’`ー;) ウーンイマイチと言う人もいれば....。

ちょっとイマイチ? Angelaでは物足りん!かな?!これに彼女を引き立てるクリーン・ヴォイスが絡んで来たらエエんだけど....?!
な~んて言ってたらArch Enemyの強力なファンに叱られるか?( ̄▽ ̄;
まあその分Michael & Christopher Amott の強力コンビがお釣りがくるぐらいの充分なメロディーラインを奏でてはいるんだけどね。
ちょい辛口気味なことを言ってみたけど、前作「Anthems of Rebellion」が個人的にはイマイチ盛り上がりきれなかったのを考えれば、今作の充実感と言ったらもう右手を高く上げずにはいられないでやんすよ!
#1" Enter The Machine" から #3 "Nemesis"の流れで完全ノックアウトされてたし!(爆)

「もうじれったい!正直に言っちまえっ!ヾ(ーー ) 」
「はいっ!大好きなアルバムです(〃∇〃) てれっ☆」
∵ゞ(≧ε≦#o)プッ

主軸となるChristopher Amottの脱退が今後どのような影響を与えるのか?!
今後の展望を暖かく見守りましょう。
スポンサーサイト

 | HOME | 

2005-08

PROFILE

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。